スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年12月31日

ウォーク ディスウェイ

今年も幕を閉じる。
暦とやらはニンゲンの都合で創られ、幾度となくそのカタチを変え、人々の暮らしに根付いてきた。

難しい事はワカランが明日は来年だ。

昨日、ライズのファイナルミッションに参加した。
実に楽しく、実に身のある経験をさせてもらった。

わたくしはひょんな事からサバゲーを始めて3年が経過した。
何でもそうだが、長さが問題では無い。内容の希釈されたモノなど"ビールの水割り"みたいなモノで
へのつっかい棒にもならない。

そんな初心に返り、襟を正す思いをできた素晴らしい1日だった。

一言で言えば。
『全く歯が立たない』

井の中の蛙とは正にこの事で、来年に向けての目標や課題を締め括りに設定できたのは幸せとも言える。

あんなに混乱し狼狽したゲームは実に久しぶりで、いい意味で"鼻っぱしらをへし折られた"ワケだ。
しかも、実に気持ちの良い方々と最高のフィールドで

来年こそは"奴らを狩る"(笑)

まずは精進

なんだろう、迷走してた部分がブレイクスルーしたんだろうな。

当日、ご一緒できた方々、ありがとうございました。

と、そんな一年だったが、わたくしの眼前には道があり、ひたすらにゆっくりと前進する。

来年も『一握の弾丸(いちあくのたま)』ひとつ、よろしくお願い致します。


まぁ、モデルチェンジじゃなくてバージョンアップなんだけどね。  

Posted by てっぽさん at 13:54Comments(0)ゲーム参加

2014年12月25日

ビューティフルワールド

『清しこの夜』である。(正確には昨夜だが)
旗日に聖夜に、師走に・・・わたくし的には師走の方がしっくりくる。

先日の日曜日、ようやく手に入れた自由な時間を念願だったASTREAの"ロマン会"にあてられた。
日頃お目に掛かれない、素晴らしき皆さんの秘蔵品で目の保養をし
バラ撒きのいない、静かでにぎやかな濃密なゲームを堪能できた。

実に、実に素晴らしい、まさに『美しき日曜日』を過ごせたのだ。
この勢いで23日には白猫の尻尾に触れ、一年を万感の思いで締めくくりたい。
そう心から願っていた。

ロマン会のおり、中尉殿より格安で"魂"を引き受けた。手直しこそ必要だったが、そいつからは"愛棒"たる資質が湧き出ていた。

『あと数日あるが、今年の〆は良い流れで終われそうだ・・・』

その時は本当にそう思っていたのだ。

しかし、現実はクリスマスの苺ショートとは違い、甘く優しいモノでは無かった。
日が変わり月曜日
目まぐるしく、行き交う人々、外線はパンク状態。
しかし、まだ楽観視していた。『明日は旗日だ。落ち着いてこなせば夕方には白猫を抱き上げウィニングラン?だ。』
・・・明けて火曜日
恐れていた事態が起こる。水曜日に向かうはずの上田へすぐに跳べ!!時刻は4時を回っている。
家に着いたのはクリスマスイブになった頃、そう白猫はソリに乗ったヒゲジジィにかっ拐われたのだった。
そして水曜日も家に帰れず、ファミリークリスマスぅ?なんじゃそりゃあ?状態で
本日、木曜日・・・早朝に出勤したものの、この数日が嘘だったように、こうして不調のPCを横目にガラケーを弄っている。

あぁそうそう、『魂』は2ndシアを替えれば愛棒としての職務をこなしてくれそうだ。
スペ太くんのトリガー周りを借りて、7mレンジを試してみたが
消耗品とクリーニングで初仕事に入れそうだ。

・・・えっ?"初仕事"

決まってるだろ?赤装束のヒゲジジイの家をドアブリーチだよ(笑)

さて、狩りの支度も出来た。"発仕事"に行ってくるとしよう・・・  

Posted by てっぽさん at 23:28Comments(4)ショート・ショート

2014年12月19日

ルーベンスを見上げながら

アーティスティックスなのである。
わたくしにその才を求められても困るが、とにかく、アーティスティックスなのである(笑)

身近な地元に目を落として見よう。
実は凄く、もの凄く才能あふれた御仁が丹精込めて拵えた建造物だったりする。
地元の人々、子供たちに未来へのメッセージとして設えたオブジェだったりする。

・・・それで腹は膨れねぇよ!!

さも、ありなん。
しかし、ソレ自身が我々に遺されたメッセージであり、財産ではなかろうか?

何が言いたいかワカランてか?

『地元は存在して初めて地元』

押し流される、大いに結構。
2020年までに消滅する市町村
実に・・・・やめた。

まだ救える。自分の故郷(ふるさと)無くなるのはアッと言う間。

団塊の世代Jrだからワカるんだが、地域で一番の人口を誇った我が街だが・・・
わかるのよ、朝のここてっぽさん(次男)の散歩中
擦れ違う人数、年齢層、その他モロモロ・・・

いやいや違うの!!今日は花金(古い)残弾ゼロなワケよ
なんたって6連発だから、明日には燃料切れ!?

ポン酒の次に好きなイタリアはチンザノ エキストラドライ
わたくしはロックが一番好きだねぇ  

Posted by てっぽさん at 22:34Comments(0)暇つぶし

2014年12月18日

お前はまだグンマーを知らない

ほぼ同タイトルの漫画がある。
内容は高校生がグンマに転校して来た為に起こる色々な意味でのギャップをコミカルに時にシニカルに描いた作品である。
一部、誇張された表現があるが、ほぼ間違い無くグンマの実情を記したモノともいえる。
お暇な方は一読してみるのも一興かと。

んで、そんなグンマに生まれ育ち、青年期の一時離れたが頑なにしがみつき、土着魂丸出しのわたくしには当たり前の事を書き記すワケではない。
では何か?
昨日も取り上げたが、光学機器や電動などの“わたくし的に似合わないモノ”を考察してみたい。

わたくしは悪食だ。実際の食い物でも、ほとんどの食品や各国の料理など苦も無く口にできる。
趣味や娯楽なども同様で、一通り流行ったモノはほとんど経験してきた。
入口を間違えた(笑)とはいえ、サバゲーにおいて主流ともいえる電動ガンも勿論のこと殆んどの駆動方式は触ってみた。

電動・・・確かに現在の主流としてのポジションを確立しているだけのことはあるといえる。
ガスブロ・・・シアを介して撃発されるリニア感、ブローバックによる躍動感、悲しいかな日本では冬に厳しいものがあるが、他の追従を許さないものがある。

しかし、わたくしは子供の頃に手にした○イのエアコキを今でも使い、エアコキショットガンをぶちまけ、エアコキボルトと供に大地を駆ける。

好きなモノを使い、好きな遊びを存分に楽しむ。
わたくしは幸せ者だ、と微笑みながら、これから先ももっと楽しむ為に明日を睨む。


持ってないワケじゃないんだが・・・『似合わない』とか『電ガン持ってたんだ?』とか

運用法がイマイチ身に付かないんだよねぇ・・・嫌いなワケじゃないんだけど  

Posted by てっぽさん at 22:32Comments(3)暇つぶし

2014年12月17日

西部K察

わたくしには自分に設定した、いくつかの“縛り”がある。
もちろん自分に課しただけなので、他者に強要したり大っぴらに公言したりするものではない。あくまでも“自分設定”なのだ。

そのひとつに『スペ太くん以外のエアソフトガンに光学機器を載せない』が存在する。

あくまでもわたくしの使用感なのだが、いくつかのドットサイトを試してみたが、しっくりこない。
大枚叩いて数をあたれば「これぞ」ってのが現れるかもしれないが、生憎のわたくしには叩く大枚もなければ試すガッツも無い。

咄嗟のサイティングやロウライト下でのゲームでは歯噛みする場面もあるにはあるが、わたくしは備え付けられたアイアンサイトに
過不足を感じる事の方が少ないとも言える。

そんなわたくしの耳に想像を超える話題が飛び込んできた。
『かつて大門と言う刑事がやっていた事が実際の世界では今やスタンダードになりつつあるらしい・・・』

???何のこっちゃ???
散弾銃の特徴、面的制圧力はその面的が故にけっこうあてずっぽうな部分が往々にしてある・・・らしい。
それを昨今のコンバットショットガンやらの頬付してしっかりサイティングできるショトガンならば、サイティングしやすさを活かして運用を
前提にしたスタイル・・・なのだそうだ。

その件のスタイルがこれだ

なるほど!! これなら確かに当たる・・・ってをい!!

時代が大門にようやく追いついた。らしいが、わたくしは今まで通りアイアンサイトでコッキングするとしよう。
  

Posted by てっぽさん at 22:09Comments(2)暇つぶし

2014年12月16日

復讐と贖罪

師走のクソ忙しい最中、ふと手を止めて思い返してみた。

わたくしが初めてゲームデビューしたのは、御厚意に甘え右も左も分からぬわたくしを迎えてくれた
『ショットガン祭り』だった。
"プライマリーはショットガンのみ、セカンダリーはエアコキのみ"
何だか凄い縛りだが、わたくしの今、現在の標準装備その1だ。
そして人生初の定例。
たった一人で乗り込む戦場(笑)
あの緊張と不思議な感覚は今でも鮮明に覚えている。
手作りギリー壱號を羽織りフィールドイン
季節はまだ肌寒い3月だったか?新緑鮮やかな"ま緑"のギリーに溶け込むどころか浮きまくり
しかもワケも分からず購入した4000円のスコープ
レティクルのセンターに捉えた目標は遥か彼方に飛び去る弾丸と共に良い思い出のひとつ。

別にうまくなったワケでは無い。いろいろな人に出逢い、様々な経験をし、手に入れたモノを
全てモノに出来れば、むしろツマラナイモノになってしまっただろう。
"何年やっているか"では無く"何をやっているか"に振り返り噛み締めていきたい。
"的撃ち"を続けた事で手に入れたモノもある。見よう見まねで作り始めたギリーは七號ギリーまで増えた。

紆余曲折の中、細やかにゆっくりと歩みを止めず前進する。

今年の集大成を30日に決めた。
迷いは無い。今、身も心も充実している。


贖罪ってのはさぁ、ヘッドショットなんだよ

経験上、無防備かつ重量弾って痛いんだよね。


・・・・特に頭とハートに  

Posted by てっぽさん at 21:38Comments(0)『鍛錬』

2014年12月15日

使い勝手と所有欲の狭間

いささか燃え尽き気味である。
あと少しで今年も終わるのだが、そんな事はぶっちゃけどうでもよい。
要は月が変わる前後に数日の休みがあるだけの事だ。
休みが入る分、休み明けに恐ろしい思いをするのだが(笑)

年末の忙しさもあり、なかなかゲームに参戦できない現状もあり、いまいちシャッキリしない。
後半にかけて幾つかのお楽しみが控えているのがせめてもの救いである。

さて、脈絡の無い前置きは置いといて
ふと気づいた事がある。仕事なり、趣味なりで使う工具や車。はたまた調理器具
まぁ身の回りにある道具についてなんだが、わたくしは仕事柄カッターを良く使う。
高くは無いが使いやすく、安全に収納でき文句は無い。
しかし・・・味気無い。
当たり前だが

そんなある日、初老の現場責任者の"切り出し"を見て電気が走った。

使い込まれた木製の柄、丁寧に研がれた刀身。
カッターのように"お手軽"には使えない。しかし、それ以上の「何か」を感じさせる。

ロマン・・・いや、郷愁?
どれとも違うだろう。

使い捨て・お手軽、そんな現代だからこそ、使い辛さに身を置く事で何かを掴める気がする。

確かに使いやすそうたが

何か違うんだよなぁ・・・  

Posted by てっぽさん at 21:46Comments(2)暇つぶし

2014年12月14日

MENTAL CEAR SRIDE 4 "sanndomemo variety"

このゲームは現実ですが、レポートそのものは妄想です。
また、登場人物は存在しますが、脚色した名称・呼称の為
適当な呼び方になっております。



 戦争は変わった・・・

吹き付ける寒風の中、わたくしは“この場”に存在し、自己の存在について問答する気はない。
ただ一つだけ『生き続けること』




-18時間前-


わたくしはいつものようにオ○コンと食後の談笑をしていた。『ははははは! 全くぅスネークはそんな事も知らないのかい?』
オタ○ンはわたくしが知らないことに関しては、かなり上から小馬鹿にし大袈裟に振る舞う。いつもの光景だがイラっとする瞬間でもあった。

『オタコ○っ!! その”トーフ”やらがどんなに凄いモノなのはわかった。だが、明日の晩ごはんの為にソレを手に入れて来いというのは無茶だ。』
わたくしは面倒臭い馬鹿げたミッションに付き合う気は毛頭無かった。
しかし、○タコンは見下ろした状態をキープしたまま畳み掛ける。

『スネークは怖いんだね?”トーフ”を恐れているだねっ!!』


こうして、夜明けには現地PMCオペレーターに偽装し大地を踏みしめていた。

『”トーフ”はトーフ屋さんに置いてあるはずだよ。だけど現地の小競り合いで近所のトーフ屋さんでは手に入らないんだ。面倒だが迂回してくれ。』
いつもと変わらない適格なナビゲーションに従い荒れ果てた市街地区を進む。

どうでも良いが”トーフ”とは一体なんなんだろうか?そんな疑問を脳裏に残し、現地のPMC達と合流する。

実に暑っ苦しい連中だ。彼らと綿密にブリーフィングを行うふりをして別ルートを探す。
長居は無用だ。”トーフ”とやらをさっさと手に入れ”ナベ”とやらを楽しませてもらおう。
殺気立つPMC達をかわし、路地に身を隠す。途中、「やもり」にPMC達は襲われ全滅してしまったが”トーフ”の為だ。わたくしはしばし黙祷を奉げた。

「やもり」も引き上げた静まり返った市街地区。しかし、気を抜いていはいられない。わたくしは慎重にクリアリングし先を急いだ。
まだ見ぬトーフ屋さんを探して・・・

わたくしはメインストリートらしき通りに差し掛かる。ニンゲンの気配がする。

政府勢力側のPMCのパトロールだ。わたくしは戦闘を極力避ける為、路地に身を隠しやりすごそうと試みた。・・・が

ガランッ!!ガンガラガッシャーン!!

景気よくゴミの山にダイブしてしまい大音響があたりに響き渡る。
『いたぞっ!?あそこだ!!捕まえろ』

いつぞやセンゴク共和国にいたラスボスに似ているが気にしているヒマは無い。応射しつつトーフ屋さんを目指す。

『待てぇ~い!!俺はショットガンの神の祝福を受けた・・・』

まぁたお前か?面倒なので何かくっちゃべってる間に眉間に一発撃っておいた

『あいつはどこだ?見つかないぞ!!』敵はわたくしをロストしたようだ

どうでも良いが、ガイコツは奇声をあげてピコハン持って歩き回っていた・・・悪夢だ

そんな紆余曲折を乗り越え、ついにトーフ屋さん手に入れることができた。すばやく撤収を開始する。珍しくアクシデントも起きずアジトへ戻る

『オタコン!!こんな簡単なミッション、夕飯前だなぁっはっはっはっは・・・』

オタコンは地の底より深いため息をつき、わたくしを憐れむように呟いた。

『スネーク違うよ、絹ごしが欲しかったんだよ・・・』

・・・ぶっとばす



といろいろ書き連ねましたが『忘年会』お疲れ様でした。来年もケガなく楽しく遊びましょう


SPECIAL THANKS
サガワっち
JACKちゃん
YOUくん


年末の多忙につき、皆様を出演していただけなかった事、深く反省すると共に感謝いたします。













  

Posted by てっぽさん at 15:09Comments(4)ゲーム参加

2014年12月11日

『サービスセンターの営業時間は終了しました・・・』なっ?何だとっ!?

昨日も触れたが、ある意味"全財産"を投じて一新した我が家のパソコン。
スペック的には倍以上もあるモノを奢ったワケだが・・・
どうもWiFiの都合なのか、1日で何をどんだけがどーのこーのを過ぎると

『重くなってしばらく使い物にならない』

らしい・・・

謳い文句は凄かったが、小声で早口で説明した部分が一番重要じゃねぇかっ!?

とにかく、しばらくはヘビーに使えないパソコンより
もはや化石となりつつあるガラケーの方がよほど頼りになるモノである。


言うなれば、こんなモノと同じに感じる。

一財産したんだぞっ(笑)

一体いつになればレポが書けるのやら  

Posted by てっぽさん at 22:58Comments(4)暇つぶし

2014年12月10日

Can So 注意報

先日のゲームレポをわたくし的に咀嚼し、新時代なストーリー?を書き下ろすつもりでいた。

・・・いた?

今月頭、ナケナシの財産からPC代を捻出し、セットアップも万全だ。

昨日まで、本当に昨日までは久しぶりにPCでブログを書いて
『やっぱ畳と女房とショットガンとPCと・・・その他いろいろ新しいモンに限るぜぇ!ゲハハハハ・・・』

と騒いでいた。

しかし、本日。『さて、皆さん画像をアップしたことだし、ハリウッドもフリーズコール出来そうなヤツをぶち上げるかぁ!!』
などと、息巻いていたら・・・

・・・
・・・・

『をいっ!!』
あまりに読み込みが遅い。待ちきれないお子ちゃまなわたくしはPCを切った。

よく言うだろ?
『次元大介のコンバット・マグナム、わたくしのスペ太くんとショットガンと車と嫁殿様は・・・』

『使い込んだ方が良い。』

慌て古いPCを引っ張り出そうとしたが、古女房・・・もとい、嫁殿に翔龍拳をくらい
現在、泣きながらガラケーをポチポチする始末。

乾燥してるからかなぁ?

そうかっ!!わたくしの脳ミソを消毒すりゃいいんだ!!

お後がよろしいようで。  

Posted by てっぽさん at 22:46Comments(4)暇つぶし

2014年12月09日

クリスマス・ギリー

年末である。
街中ではどこにいてもクリスマスソングで溢れ、なんやかんやで浮かれポンチな人々でごった返している。

さすがに年末なので我が社も人並みに忙しい。連日、少しの(笑)残業が続く・・・
我が家は駅の至近距離にあり、この時期は駅周辺のライトアップとやらの見物人による渋滞が引き起こされる。

『我が家まであと少し。されど、我が家は遠きにありて』

そんな状態がいい加減続く。
それが理由かどうか知らないが、わたくし個人としてはクリスマスが嫌いだ。どれほど嫌いかと言えば・・・

「ボソボソしたチャーシューの入ったチャーシューめんをオーダーしてしまった」くらい嫌いだ。(本人しかわからない例えの極み)

そんなわたくしが困憊で我が家のドアを開けると、そこには・・・

嫁殿と娘がここてっぽさん(次男)に飾り付けをして盛り上がっていた。当然、ここてっぽさん(次男)は柴犬のシンボルとも言えるクルっと巻いた
尻尾は悲しく内巻きになり、テンションだだ下がりだった。

『どうっ!!見て見て、凄いでしょ!? こんなに大きなツリー、すんごい安かったから買っちゃったぁ!!』
凄まじいテンションで迫りくる女衆にたじろぐわたくしとここってっぽさん(次男) 嗚呼・・・ここにもクリスマスが・・・

でも、しばらく眺めてたら、落ち着いてめでるツリーは悪くないって思った。

ツリー・・・ツリー・ツリー・・・・ギリーッ!!

この直後、無慈悲な蹴りを二発くらったのはナイショだ。
  

Posted by てっぽさん at 21:13Comments(3)筆まぶし

2014年12月08日

暮れ泥む街の・・・

先日の土曜日の“忘年会”も無事に終わり、今年一年が静かに終わろうとしている・・・

『終わってなあぁいぃぃぃっ!!』(CV銀河○丈)

今年はいっぱいゲームするってきめたんだもんっ(萌えてみる)
そう、まだ撃ち納めには早すぎるのだ。実際、先日のレポもしてないし(画像カモン(笑))
そんなこんなで(どんなだ?)わたくし的に欲をいえば、一回くらいはロマン会にも出たいし、『白猫のおしりを見たら実は尻尾が無かった驚愕の事実』にもリベンジしたい。

なんだろう。最近、わたくしに与えられた“平均的な残された時間”を考えたら

やりたい事はたくさんやっておく

って結論に至ったワケでね。ひとりでモヤモヤして、いろいろ妄想しているワケ。

ロマンティックなブツ達なんだが、ニギニギしてるだけじゃ物足りないワケなのだよ

しかし・・・片やガス、片や単発。どちらもコレじゃない感がそこはかとなく漂う(笑)

そんな感じで今年も残りあと僅か、思いっきり楽しんでいきまッショイ  

Posted by てっぽさん at 22:12Comments(2)筆まぶし

2014年12月03日

保安官も一緒に行こうよ!?いや・・・俺はここに残る

わたくしはホラーやらスプラッターだのが苦手だ。
しかし、そんな中に出てくるショットガンは好きだ。

むしろ大好きだ。

大事なことなので反復してみたが、例えばゾンビ系では頭を吹き飛ばすのが定番になっている。

そんなゾンビ物でわたくしが震撼したのは・・・

『ドーン・オブ・・・』書くのも憚られるくらい怖い(笑)
多分、わたくしの知る限り、ゾンビが全力疾走した初めての映画・・・いや事件(笑)では無かろうか?

まぁ何ちゅうか、エンドロールまで救われない、後味の悪さは
現実離れっつうか、むしろ現実味たっぷりな感じ。

あのお巡りさんのショットガンは何のヘンテツも無いのに

カッチョ良かった。

何だろう、生き残る為の希望に繋がるツール的な感じ?

エンドロール見てた限り、絶望っぽいけど・・・  

Posted by てっぽさん at 22:19Comments(2)暇つぶし

2014年12月02日

排他的経済酔域

某年会シーズンである。
元来、「忘年会」とは・・・勝手に調べてくれ。
わたくしはワイワイ呑のが好きだ。
どのくらい好きか?と言えばアメリカンドックにケチャップとマスタードくらい好きだ。
(余談だが、わたくしは週に6本はイってる。)

季節行事にサラッと流されているが、本題はそんな処に無い。

先日の『白猫をナデナデしてたら気が付いたら寝てた?』のリザルトみたいにならない為に
勝負パンツの如く、選別しなければならないモノがある。

弾丸(たま)

方法は人各々あろうが
わたくしは手に入れた6.01mmバレルの切れっ端で行う。

コレを行ったからと言って
ワンホール・ワンショットにならないのが、むしろ素晴らしい!?

しかし某年会の甘美なる魅惑もまた退け難し・・・


残り、あと少し。悔いの残らぬよう
楽しみまっショイ!!  

Posted by てっぽさん at 21:44Comments(0)筆まぶし

2014年12月01日

尻尾とこれから先を見据えて・・・

スコアが発表された。
運転免許で言えばギリ合格だ。
正直に言えば"不本意"である。
格好付けて言うところの『ワンショット・ワンキル』からは駆け離れている、と言わざるを得ない。
30mで18cmの丸に命中させる事は困難か否かは各人の考え方にお任せする。

湿度・気温・風向 誰よりもデータを集め、考察し、挑んできたつもりだった。

「何かが足りない」では無く

「全てが足りていない」結果でしか無いようだ。

ライフワークたる"的撃ち"はこれからも続く、誰に見せるで無く、誰に誉めてもらうワケでも無く
粛々と前進する。

やっぱり、ノーサイトでだなぁ・・・

なんとなくってのもアリなんじゃ・・・


うっさい  

Posted by てっぽさん at 21:45Comments(0)『鍛錬』