2014年11月17日

インビジブル・ハンマー

先日のレンジでの撃ち込みに釈然としなかったわたくしは洗いだしを始めた。

以前にも記したが、わたくしは気に入った事を探究するのが好きだ。

使用するツールの不具合は見当たらない。と言うか肉眼ではわからないと言ったところか?
わたくしはすぺ太くんをバラしパーツのひとつひとつをチェックしたが
通常メンテナンスの域を出ないのが現実だ。
それこそ、バラしては組んで、レストに固定しては試射できる環境にいれば良いが
生憎とそれほど恵まれない環境の中で、"ある種の妥協点"を見出だすのが精一杯だ。

その"妥協点"を抱き上げ、立射の姿勢を取る。
能天気なカメラのセルフタイマーの音が書斎に響く。
うむ、右肩の力みや各支点のブレは見られない。実にリラックス出来ている。
これを本番で出来れば、もっと違うモノが見えたかも知れない。

タラレバでは腹は膨れない。現実の"点"を"線"に変える『何か』を的撃ちは秘めている。

少なくともわたくしは、そう信じている。

2年前のフォーム あの頃の手探り感は可愛げすら感じる

今は?大して変わらんよ。むしろ、今の方がムキになってやってるんだから(笑)




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 22:22│Comments(0)筆まぶし
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。