2015年02月01日

Hong know (本能)

忌憚無く今回の出来事に深く哀悼と遺憾を申し上げる。

経緯はともかく。わたくしもヒトの親 "生きてこそ"と願わくも叶わずでは、胸中幾ばくか
しかし、親心としては"何故かの地へ"と思い巡らせ
さりとて、自身も覚えのあろう、我が身(我が親)越えを。

さて、わたくし流に考えるなら、驚く事も無いが、
何しろ、世間様とは佐渡島(だいぶ古い表現)
世間様の全てを敵にまわしても、我が身を八つ裂きにされても守りたい我が子
この思いは太古より続き、今なお母の思いは変わらないと思う。

わたくしは昨今の事象に過敏に反応するのも、愚鈍に振る舞うのも、佳しとせずと考える。

何故なら・・・


止せやい、呑み助の戯言だよ。

わたくしは必ず"佳き日"が来ると信じている。

ただ・・・"ひとつのシェル"は胸に仕舞いながらも。




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 23:15│Comments(0)筆まぶし
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。