2015年04月17日

そん・ふぃるとる

ワケあって紫煙を替えた。
(娘が受験生だからとか邪推は無しの方向で)

大昔、金が無くて、仕方無く吸っていた時期のある"ゴールデンバット"だ。

この"ゴールデンバット"実に歴史は古く、実はわたくしの爺さんが愛用していた事がある。
爺さんが亡くなり10年以上過ぎ、婆さんがボケ始めた頃
わたくしは金が無くて吸っていた時
『こりゃお爺さんの金蝙蝠ぢゃないか!?』って怒りながら
自分の箪笥に仕舞った。
滑稽ながら薄ら涙を誘う、こじんまりした話しだ。

爺さんは50前にバスで喫煙を(同時はOKだったが)咎められ、それきり喫煙を止めた。

あれから何十年。我が家にゴールデンバットの紫煙が漂う夜。

嫁殿に笑われ、娘にクサいと言われ、時代遅れな有害な煙。

わたくしは換気扇に吸い込まれていく煙を眺めながら、取り残された欠片を噛み締める。

1週間も吸ってると、コイツ無しの生活は想像出来ない。

逆にあの無骨だった爺さんを想像するには良い機会かも知れない・・・


どちら様も
吸いすぎにはご注意を




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 23:17│Comments(0)筆まぶし
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。