2012年08月06日

乗りかけた船には、ためらわず乗ってしまえ。

仕事が溜まっている。それも凄まじく。まぁ仕方が無い、人生は祭りだ。一気にバクハツするための助走、充電期間。それが仕事だ。
わたくしが産まれ育った街はえらく昔から祭りをやっている。隣のババァや小動物教授もわたくしと同じ祭りを経験している。
テンツクテンテン・・・子供の頃は強制参加で太鼓を覚えさせられ、手にマメが出来て始めて一人前と怒鳴られ、中学・高校・20代と祭りから離れ、でもなぜか戻ってくる。そんな不思議。そして今度は自分が近所の子供達に怒鳴っている。そんな素敵。

斜に構える時期なんてのは誰にもある。「こんなのやってれるか!!」とか「ナウくないんだよ!!」(ん?)とか様々な理由があるが、若い時間なんてのは短いんだ、その位は待ってやる。好きにやってこい。
戻りたくなったら頭掻きながら、「お疲れさんです」って戻って来い。誰もあっち行けなんて言わねぇから。
実際、わたくしも祭りから遠のいていた。家から出てた時期もあったし、何よりカッチョ悪かった気がしてたから。
好みや価値観なんて時間で変わるもんだ。良くも悪くも。

せっかく帰る場所があるんだ。それを無くしちまった人の分までありがたく思って、帰って来い。そん時だけでいいから。

次は2年後だ。それまで達者でな。

Ce bateau s'arrête au prochain port d'escale.

実は、まだ乗ってますよ。



皆様との幸せな時間がいつまでも続きますように

ではでは




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 22:19│Comments(4)筆まぶし
この記事へのコメント
素晴らしいグルーピングでの満点、おめでとうございます!
Posted by SGW at 2012年08月06日 23:46
ガスブロ番長 コメントありがとうございます

そうですね。本当のきっかけは番長のお陰なのかも知れません。
あの時の番長のスコア、感服しました。あれから時間はかかりましたが
これからも続けていきます。
Posted by てっぽさんてっぽさん at 2012年08月07日 00:34
おめでとうございます

次は標的4枚20発の撃ち込みですね…確か?

大変なのはこれからです
ガンバ!
Posted by アントン at 2012年08月07日 00:50
アントンさん コメントありがとうございます

90点から先が長かったです。こんだけ長々やってると習慣というか、
生活の一部みたいになります。平常心の鍛錬と言うか『普通に撃てる』オマケが
付いてきました。最初は満点のあかつきには倍の数にする予定でしたが、
自分なりに考えた方法でやってみます。upするかは考え中です。
とりあえず「船が沈むまで」続けます。
Posted by てっぽさんてっぽさん at 2012年08月07日 01:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。