2012年08月02日

情報が多ければ判断が楽というものではない。

今、とあるレストランにいる。いわゆる打ち合わせ"ランチミーティング"である。
相手方のお薦めらしい店で、入店するなり丁寧に挨拶され、ちょっとしたVIP気分だ。いかにも"その手"の人種の好みそうな
「知的エスニック」な空気をかもす、ちょっと不思議ちゃんな店だ。
予約した個室に通され、下種な小倅には取っ付き難い、簡単に言うと「訳ワカラン」敷物のような座椅子のような・・・まぁ椅子かな?に腰を下ろした。

『ここはね、何でもウマいんだ。メシなのか打ち合わせなのか解らなくなっちゃうよ!!』よほどこの店がお薦めらしく、相手は鼻息荒く説明してくれるが、薄暗い調度品だらけの狭い室内で喚けば喚くほど「あやしいお土産屋」の主人に見えてしまう。
しかも中東系のこの店にはテーブルは無い。こちらはミーティングメインで来たのに、資料の拡げようも無い。コイツは本当は打ち合わせする気が無いんじゃないかと俯瞰の自分が呟いていた。

相手はこっちが差し出した資料そっちのけでメニューをガン見している。俯瞰の自分がわたくしの耳元で呟く。『な。やっぱりそうだろ?』・・・わたくし、正解。打ち合わせなんて午後からで良かったのに、なんでこんなエセクリエイターもどきと飯を食わなきゃならんのだ?だんだんどおでも良くなってきた。と同時に、この際だから後日でも話しのネタになるような食い物でも当てて、今後の仕事に活かそう。という気になってきた。とたんにこの店が何を食わせるのか、無性に興味が湧いてきたのだった。
『この店はねぇ#g:‘「p@にうんと気を使っていてね、3.1415が凄いんだよ。そういう店って少ないから・・・』
なにっ?何を言っているのかサッパリ解らん。多少は料理の事は解るつもりでいたが、何の事だか想像もつかない。しかもドヤ顔で説明しているって事は一般的な事なのか、自慢話しなのか、てんで解らない。しかもヤツは続ける。
『てっぽさんはホニャララの方が好きでしょ?僕はチャラリラァの方が旨いと思うんだよなぁ・・・まぁ好みの問題だけどね』
な、何んスかぁ?ホニャララなんて知らんぞ。しかもわたくしはそいつが好きって事になってる。メニューを睨んでも写真の類いは皆無で、詳細な説明書きも一切無い。見たことも聞いたことも無い単語の中から「今後につながる」ネタ的な食い物を導きだせなければならないのに、コイツは矢継ぎ早にアルアラビーヤばりに捲くし立てる。わたくしにとって活きた情報は無い。
そうこうしているうちにギャルソン・・・ではないな。ウェイターで正解なのか?店員がオーダーを取りに来た。
ヤツは恐らく前菜からデザートに至るまで、まさに「自分好みに」オーダーして満足そうだ。このままマネっ子では負けた気がする。ここはひとつ、自慢の"妄想力"をフルに動因し、ヤツのくれた情報から「わたくし好み」とやらを組み立ててみた。
脇から嫌な汗が伝うのがわかる。そんな緊張の中、ヤツはひとのオーダーを聞きながら『おっツウだね!!』とか『それもイイなぁ 僕ももらおうかな』などと相槌をうっていた。
料理が出てくるまでヤツと仕事の話しをしようとしたが、こともあろうかヤツはこの店がいつできて、客層がどんなで、常連にどんなヤツがいるかを朗々と語りだした。
もういい、この仕事は無かった事になっても構わない。この飯が終わったらコイツとも終わりだ。そう思ったら清々した。

前菜?が運ばれてきた。こう見えても(見えないけど)各国の食い物を口に入れてきた。クセは無い・・・むしろ旨い。「当たり」だ
ヤツもモフモフいいながら『ねっ旨いでしょ。絶対にてっぽさん連れて来たかったんだ』おいおい、ちょっと嬉しいじゃねぇか
思ったより旨いメシに、おそらく本音であろう部分を聞かされ、情に絆され易いわたくしも上機嫌になった。『前言撤回。この仕事任された!!』
メインも当たりだ!!これは旨い。なんだよ、こんなの今まで知らなかったなんて、ちょっと恥ずかしいくらいだぞ。なんて盛り上がっていたんだが。
『てっぽさんのデザートのチョイスに、何て言うのかなぁ"センス"みたいなモノを感じるよね』 おうおう。いいねぇホメ殺しもキライじゃないよぉ。今日はイイ日だ、今度、仲間を連れて記念すべき「この部屋」でメシを食うのも悪くない。なんてハシャイデたら・・・
出てきたデザートが何と言うか、ハンパねぇ・・・。(いろんな意味でね)

『ねっ!!最高でしょ?』

ホップ・ステップ・スリィッ~プッ!! 仕事はしますよ はい。

せめて写真という情報さえあれば


L'ignorance est béatitude.


皆様との幸せな時間がいつまでも続きますように

ではでは




同じカテゴリー(ショート・ショート)の記事画像
脂肪遊戯
Love me softly
麒麟グ・フィールド
ビューティフルワールド
カウボーイが海賊を夢見る。そんな秋雨の夕べ
焼けるのは、なにも肉だけでは無い…
同じカテゴリー(ショート・ショート)の記事
 脂肪遊戯 (2015-04-28 21:55)
 Love me softly (2015-04-14 23:02)
 麒麟グ・フィールド (2015-02-09 22:50)
 ビューティフルワールド (2014-12-25 23:28)
 カウボーイが海賊を夢見る。そんな秋雨の夕べ (2014-11-01 19:32)
 焼けるのは、なにも肉だけでは無い… (2014-09-13 14:14)
この記事へのコメント
そんな写真のようなものが出てきたら・・・、うまいのか、それは?w
Posted by V.O.G at 2012年08月03日 00:11
V.O.G さま コメントありがとうございます

あぁん。まだボディーアーマー着て無いのにぃ
これ着たら、いつでも撃ってイイですよん。(プレートの代わりにアイスノンを入れながら)

写真の・・・あぁこれはですねイタリアンの前菜です。
サラダの一種ですね。

ボーノォ~ですトマトとバジルの薫りがたまらな「パンッ!!」
バタッ・・・
Posted by てっぽさんてっぽさん at 2012年08月03日 00:25
どもはじめまして♪

ちょくちょく覗かせて貰ってますm(_ _)m

(見えないけど)が好きです♪
Posted by pirosi at 2012年08月03日 00:50
pirosi 様 コメントありがとうございます

実はこちらも覗かせていただいておりまして・・へっへっへ

こんな具にも付かないモノをお読みいただき感涙に咽び泣いております。

お礼に(見えないけど)増量キャンペー「パンッ!!」・・・バタッ
Posted by てっぽさんてっぽさん at 2012年08月03日 01:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。