2012年08月22日

季節が君だけを変える

酷暑である。今日も35℃を軽く越えた。"クソアフロ"を暑さでもてあましていた時、事件は起きた。

今日も朝には仕事が終わらず、日勤組の若い衆が現れ始め『チリ味ポテトチップチョコレート』はアリかナシかなんて談義をかましていたら
『てっぽちゃん!!ちょっといいか?』上司が声を掛けてきた。この時間にヤツが声を掛けるって事はロクなことが起きない。CQBの基本姿勢を脳内で取りつつ付いて行った。
『こないださぁ、お前が遅れて来た会議の時。そうそう忘れててこっぴどく怒られたじゃない。あん時に俺も後で呼ばれてさぁ・・・』
長い。なかなか要点が見えない。しかし、帰るわけにもいかない。一応は上司だからな。
一向に先の見えない話しと眠気で脳内はすでに成田を飛び立ち、そろそろハワイに到着しそうな頃、突然トーンが変わった。
『言われたんだよ。お前の部下は原始人か!!って。とりあえず髪切って出頭させろ!!ってさぁ・・・』

要約するとこうなる。『お前の部下の髪を切らせて出頭させろ』以上

うむ、単純明快。 まぁ日頃・・・一応はお世話になってる上司のある意味ピンチ。言い換えれば・・・換えなくても自分のピンチ
少し渋った後、しかたなく了解した。時計はすでにお昼を周っていた。

いつも行く知り合いの美容室のドアを開ける。あらかじめ連絡を入れ突然の訪問は詫びてある。ドアから涼しく爽やかな風が迎えてくれた。
『災難だったねぇ。でも、そろそろ来たかったでしょ?調度良かったじゃん』いい気なモンだ。ヒトゴトだと思いやがって・・・。
『で、どぉする?またアフロにする?』・・・っ!!!アホなのか?お前は足りないのか?さっき説明したのは何だったんだ?
『いやいや、そうでなくて。怒られて髪切りに来てアフロってバカでしょ?』まるでバスケのディフェンスのように手をバタつかせ説明する。『フ~ン。そなの?つまんね。』何故だろう、どこからともなく殺意が湧いてくる。おかしいなぁ。
ようやく鏡の前に座る。いつものサービス「A&Wのルートビア」が振舞われ喉を通るサロンパス匂がわたくしを落ち着かせる。
『どうせ切るならさぁ、バッサリいこうよ。そのほうが切る側も楽しいからさぁ』・・・よく独立してから10年近くもってるな、この店。

『それに、ただ切るだけじゃ負けた気がするじゃない?』
  ほう、そのフレーズ嫌いじゃない。

で、具体的にどうする気だ?

『何だろ、そうだなぁ闘争心を全面に押し出す。みたいな感じでさぁ・・・モ ヒ カ ン なんてどう?』

・・・んん~ん。短けりゃジジィ共は解りゃしない。自分のキャラや受け、いろいろ考えて・・・本当だよ考えたんだ!!

  『いいねぇ!!逝ってみよう』

かくして、カットが始まった。さすがに『ちょいソフト目なのがいいかな』なんて保険を掛けてみたが・・・

ハァ~やられた。石鹸大尉に似てる。

(画像はイメージです)

Ne crois personne. 季節が俺だけを変える~♪


皆様との幸せな時間がいつまでも続きますように

ではでは




同じカテゴリー(ショート・ショート)の記事画像
脂肪遊戯
Love me softly
麒麟グ・フィールド
ビューティフルワールド
カウボーイが海賊を夢見る。そんな秋雨の夕べ
焼けるのは、なにも肉だけでは無い…
同じカテゴリー(ショート・ショート)の記事
 脂肪遊戯 (2015-04-28 21:55)
 Love me softly (2015-04-14 23:02)
 麒麟グ・フィールド (2015-02-09 22:50)
 ビューティフルワールド (2014-12-25 23:28)
 カウボーイが海賊を夢見る。そんな秋雨の夕べ (2014-11-01 19:32)
 焼けるのは、なにも肉だけでは無い… (2014-09-13 14:14)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。