2012年08月29日

すすめ、いとしい風よ

野外戦と勝手が違い少々消耗した。要はオッサンの燃料が尽きかけている。が、運のいいことに昼休みとなった。
わたくしはすかさず用意した「ウィダーインゼリー」を貪る。これで2時間はもつ・・・はず。いつぞやのように"マー"らなければだが。
フィールドのとなり、シューティングレンジではフリーダムアート主催の練習会が行われていた。知り合いがいるとの事でコネを使い、ハンドガンの基本的な持ち方を教えてもらえる事になった。

わたくしは素人だゲームを始めてから半年ほどだ。しかし、良き人達にめぐりあう事でいろいろを短期間で教わる事ができた。
身についたかどうかは本人次第なので、ここではあえて触れないが、長物の扱いに関しては蒼々たる方々にご教授いただいたので、それなりに自信があった。故にハンドガンはおろそか、というより気にしたこともなかった。その道のプロに教えてもらえるチャンスだ。と勧められても最初は断ったくらいだ。うながされ隣りのレンジへ行くことにした。
白髪の物腰の柔らかな方がわかりやすく、丁寧にコツを教えてくれる。なるほど「目から鱗」だ。しかも「長物」に通じるモノも見つけた。
またひとつ課題が増えたワケだが、これは楽しみな課題だ。自分のモノにできるようにしよう。またひとつ感謝

ちょっとした事だが、知ると知らずでは雲泥の差だ。

記念撮影も終わり、昼休みが終わる。いよいよ「エアコキ戦」だ。今回はハンドガンだけでなく、ソースがエアコキならば全てokという、言わばエアコキの「満漢全席」 ゴージャス仕様なのだ。参加は自由だが、当然参加する。
午前中はM1014をメインで使ってきたので、ここはひとつ「スペ太くん」・・・ではなく、「なんちゃってマグプルショーティ」を使うことにする。参加者にエアコキを貸し出す、主催の仮免氏をよそに残りの2丁のショットガンを貸し出そうとわたくしも声を掛ける。
すると、若者がひとり名乗りをあげてくれた。お礼のキスの代わりに操作説明と予備マガジンをありったけ渡す。後継者はできた、あとはわたくしの命ある限り道を拓く。
スタートのサイレンが鳴る。"脱穀機"目掛けてダッシュする。ソウドオフされた短い全長、軽いコッキングにさらに操作感の良いAGF、先台のレイルにフラッシュライトも装着した。まさに"完璧"と言える、インドアアルティメットウエポン「なんちゃってマグプルシューティ」だったが、組み込まれた"ラピッドファイアーシステム"にまかせ「シャコシャコシャコ・・・」とポンプしていたら・・・

「バキッ!!」手元から聞いたこともない破砕音。そして勢いよく吹っ飛ぶ左手。

そう、AFGごと先台はもげてしまった。しょせんオールプラの安物、耐久性に難アリなのに削り込んで取り付けたAFG。モゲて当然だ。

エアコキ戦も華々しく終了し、おのおのセフティーへ戻る。わたくしは泣きたい気持ちを隠し、「なんちゃってマグプルショーティ」をケースの一番下に隠す。『すまん。後で必ず復活させてやる。』ココロに誓っていると。

『ありがとうございました。凄く楽しかったです』 そう、貸し出したショットガンを返しにきた若者の目が輝いていたのだ(少なくとも、わたくしにはそう見えた。いやっ!!間違えない。)
そうだ、もう世代交代なのだ。彼が「ショットガン道」を護ってくれる・・・のか?

通常戦に戻る。満を持して「スペ太くん」を掴む。 『待たせたな』 スタート地点に力強く、歩を進める。・・・が、あれだけいた(2人)スナイパー達はハンドガンを持っている。
え~っ!!ひとりだけだとちょっとコっ恥ずかしい気がする。いや、ここで芋を引いてどうする?やる事はひとつ『狩る』だけだ。
スタートっ!! 長い、もの凄く長い。こんなに長かったか?というほど長い。不慣れな状況に不似合いな装備。先ほどと違いダッシュは出来ない。仕方なく、後方に位置し前方で交戦している仲間のバックアップにまわる。
バリケードの端、少しだけ身体が露出している。レティクルから距離を測り、いつもの祈りを呟く『すまん』
「フスッ」 インドア用に改良を加えたサプレッサーは予想以上の制音が効いている。薄暗いインドア、しかも焦げ茶色の専用弾。
弾は見えないがわたくしにしか解らない弾道がはっきりと見えた。
『ヒット!!』 まず、ひとり。その奥にわずかに見えるもうひとつの影。次弾を装填、丸く切り取られた世界から影を追う。
こちらには気付いていない・・・『すまん』人差し指が奏でる。「フスッ」
『ヒット!!』 よしっ。
しかし、前衛があえなくダウン。津波のように押し寄せる3人の敵影。スペ太くんでは無理だ、緑ヲリャを掴み応戦する。
敵うか!!あえなくダウン。しかし悔いは無い1ゲームだった。

今、ふと気付いたんだが、このままいくとさらに続きそうなので、ここらで区切ろうと思う。いいゲーム、ダメダメなゲームたくさんあったが、これは参加された皆さんとわたくしだけの思い出と言うことで。

途中、貴重な経験をした。「クレイモア地雷」と「モスカート」を体験できた。しかもゲーム中ではなく、わざわざ撃ってもらったのだ。
10名近い「アホな勇士達」と一列に並び、我々はミンチになった。これは痛さより笑劇的だ。ぜひ皆さんも喰らう事をお薦めする。

これから「ニンゲンミンチ」なる輩たち。ドキドキがハンパじゃなかった。

始めてのインドア、3回目の若葉会。高揚した気分を落ち着かせるように駐車場でひとしきり話しをしていた。実に爽やかなひと時だった。
戦友たちよ、また逢おう 次はハンバーガーヒルでボクと握手!!

J'ai trouvé un trésor.

皆様との幸せな時間がいつまでも続きますように

ではでは




同じカテゴリー(ゲーム参加)の記事画像
日が照れば暑いと垂れ、雨降れば寒いとこぼす
狡猾な付け焼き刃に頼らず辛くともベストを尽くせ
>>1
ブチ抜くか?それとも粉砕か?
二人の若者に遅まきながら哀悼と敬意を表し
若葉会番外編 6時間耐久 AKAGI357
同じカテゴリー(ゲーム参加)の記事
 日が照れば暑いと垂れ、雨降れば寒いとこぼす (2015-08-30 19:35)
 狡猾な付け焼き刃に頼らず辛くともベストを尽くせ (2015-06-29 00:07)
 >>1 (2015-06-07 08:43)
 ブチ抜くか?それとも粉砕か? (2015-06-06 21:04)
 二人の若者に遅まきながら哀悼と敬意を表し (2015-04-21 23:09)
 若葉会番外編 6時間耐久 AKAGI357 (2015-04-07 21:22)
この記事へのコメント
次回インドアをやるときには、僕もショットガンを持っていきます♪
電動とも対等に渡り合える反則カスタムしたヤツを(笑)。
Posted by ウルフ at 2012年08月30日 00:32
よう 様 コメントありがとうございます

おぉ!!またひとり「意思を継ぐ者」が現れてくれましたね。

次回のインドアは味方になることを今から祈り始めます。
Posted by てっぽさんてっぽさん at 2012年08月30日 00:43
まさかの三部構成でしたが、確かにいろいろありましたね(笑)

ようさんからライトを格安で譲っていただいたので、来月の夜戦に行こうか考えてます。

ハンドガンの構えの基本、確かに理に適っていて、毎日練習しながら感心しきりです。

状況が変わる度、新たな人と知り合う度、いろいろ新しい世界が広がるようで、25歳のオッさんながらも毎回新鮮な経験をさせていただいています。

改めて今後とも、よろしくお願いしますね(#^.^#)

ただ、物欲だけはコントロールしなくては(^_^;)
Posted by 仮免 at 2012年08月30日 15:49
ショットガン、自分も興味がわいて来ました。
今度お逢いした時に貸して頂いてもよろしいですか?

『マー』これの意味が分かった時は思わず吹いてしまいました\(^o^)/

仮免さんのコメントに違和感が・・・
Posted by ナオヤ at 2012年08月30日 17:37
仮免さま コメントありがとうございます

まだまだ続きそうでしたが3部作に収めましたw
ライト・・・べ、別に欲しくなんかないんだからネ!!

わたくしも無駄にカチャカチャ構えたりしてます
そんな24歳!!


ナオヤ様 コメントありがとうございます

次回、ショットガンブラザーズで玉砕しよう!!

『マー』にはご用心。年齢や性別関係なく襲い掛かる恐ろしいヤツです。


仮免さんの年齢詐称疑惑・・・いや、ボクも24歳だから。キリッ
Posted by てっぽさんてっぽさん at 2012年08月30日 21:03
撃つときに「スマン」はかえって相手に失礼かと存じます。
ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛っ!!
Posted by ダメンフィス at 2012年08月31日 12:01
ダメンフィス特別捜査官 コメントありがとうございます

ここに書かれている事・・・
一部のフィクションなのか
一部だけの事実なのか・・・
もう、わたくしには解らないのです。

本当(真実)を探す旅に出ます。
Posted by てっぽさん at 2012年08月31日 17:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。