2012年10月03日

幸せについて本気出して考えてみた

ここ数日、天気は曇りがちだが過ごしやすく気分が良い。前にも書いたが暑さが苦手なわたくしは秋の足音が近づいてくるのを楽しみに待っている。
秋には様々な表情がある。「食欲の秋」秋刀魚、栗、柿など山海に美味あふれ、まさに食欲を満足されるにふさわしい季節だ。
「読書の秋」これについてはわたくし自身はあまり関係が無い。別に暑くても本は読めると思う。書籍を手に取らないヒトがこの季節にこぞって本を読むとも思えないし、年間で100冊以上読む方々は秋に90冊読むワケでもなかろう。かくいうわたくしも読書は好きな方だが、むしろ夏の方が読み上げる本の数は圧倒的に多い。次ぎ。「スポーツの秋」運動会やこれから何かを始めるには最適だ。しかし今年の酷暑はつい最近まで30℃超えをやってのけ何人も病院送りにしてきた。最高気温が低いからといって張り切り過ぎると、朝一の気温差でヤラれるので注意が必要だ。ともあれ身体を動かすのは気分が良い。特に、季節問わず上から下まで長袖長ズボン、オマケに手袋にブーツと厚着のオンパレードのこの趣味にはこれからの季節が楽しみである。蜂が怖いけど。
「芸術の秋」これはよくワカラナイ。芸術を見るのは季節は問わないだろう。それに絵を描いたり、何か創作するのも特に関係無い気がしなくも無い。そもそも芸術と縁遠い生活をしているのでどちらでもよい話しだ。

と、まぁ多少のケチがついたが秋は好きだ。快適な季節だからであろうか構想や妄想が膨らむ。頭の中は実に大忙しだなのだ。

想像や妄想はタダだ。おかしな事を考えても他所様に迷惑をかけず頭の中だけで処理すれば何者にもなれるし、シュミレーションをし、今後の事を占うのも失敗の無い人生設計を送る上で重要と言える。
そこで、この先10年後を妄想してみた。石油を掘り当て、宝くじに当たり、持ち株が高値を付け、発明が大ヒット・・・なんて事は無い。
むしろ今と大して変わらない。と、言うより今より良い事の方が少ない結果だ。(妄想だが)
あえて何を妄想しどんな結果が出たのかは書かない。恥ずかしいから・・・(ポッ)
ただ、シュミレート後に思ったことは「多くを望まず・人を貶めず・笑い・楽しむ」だ。『「多くを望まず」なんて志しが小せえなぁ』と感じる諸兄もいらっしゃるだろう。わたくしは41だ。もう、自分がどんなモンで何が出来て何が出来ないか なんてよくわかっている。決して悲観して言っているのでは無い。今、手にしているモノはつまらないか?答えはNoだ。それをもっともっと楽しみたい。楽しみ尽くしてから次ぎに行ったって、まだ間に合う。

何を言っているかよくワカラナイがそれが今日妄想した『幸せについて本気出して考えてみた』だった。

よくある占いで豚(食料)馬(仕事)みたいなヤツだ。
同じブタでも貯金箱とぬいぐるみ・・・何を意味するのか

そして破壊の象徴みたいな"武器"どんな組み合わせだ

秋は「妄想の秋」でもある。と、思う。皆様も素敵な妄想をお楽しみ下さい。

Je suis merveilleux si je peux te rencontrer dans un rêve.


皆様との幸せな時間がいつまでも続きますように

ではでは




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 22:27│Comments(0)筆まぶし
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。