2012年12月08日

GOD'S IN HIS HEAVEN・・・

こう見えても(見えないけど)銀塩カメラ好きです。
父が手にしたカメラをわたくしが引き継ぎ
そして、今日。わたくしの手からソレは旅立ちました。

デジカメのそれと違い、やり直しの効かない世界。

どことなく、なんとなくお分かりでしょう。

わたくしの目指すモノとの共通点を。

彼女は若く未熟です。しかし、わたくしの数倍、数千倍の
可能性を秘め、輝いています。

このカメラを渡すにあたり、くどいほど言いました。
『これは被写体との呼吸であり戦いだ。
だからデジカメと違いやり直しは無い。
命の取り合いと同じなんだ。』
当然、ポカンとしてました。
違うんです。別にプロでも無いわたくしが言うことですから。
でも、この「やり直し」「使い捨て」の時代に
何かこう・・・難しいんだが気付く事って・・・
いいや。

とにかく父が26年わたくしが15年
そして彼女がどうしていくのか?
楽しみじゃないですか!未来って。

今のところ現像はわたくし持ち


ちなみに酔った勢いで渡したワケじゃないですw


皆様との幸せな時間がいつまでも続きますように

ではでは




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 23:17│Comments(0)筆まぶし
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。