2013年08月27日

亀は兎をウサギはカメを

先日のゲーム。骨太な時間を堪能した。
反省や発見など実りの多かったのも喜ばしい。

わたくしは普段からエアコキを使う。
時にショットガンだったり、ボルトだったり。

ショットガンは接近戦の際たるモノだ。
可能な限り接敵し、複数発射のメリットを生かし、叩き込む。
実に明解で実物も恐らく同じだろう。
咄嗟の攻撃にも対応しやすい。

対象的にボルトは融通が効かない。
確かにエアガンの中では精度は高い。しかしキチッと調整された電ガンにはボルト並みの精度を持つモノさえある。
しかも実物と違い、わたくしのスペ太くんで言えば有効射程は50mそこそこで必中射程は30mくらいだろう。
つまり狙撃ではあるが『真っ只中』で集中し狙わなくてはならない。
偽装にしても、すでに肉眼で捉えられいるワケだから、わたくし的には実物よりも見つからないようにしなければならないと感じる。
伏せて動かない事が正解では無い。
時には大胆に、そして繊細に相手の視界から外れる事も必要になる。
ところがゲームは一対一では無い。
さて、どうするか?

眠いので続きは後日


別の話しだったんだが…

セカンダリーに感謝的な話しだったんだけど




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 22:24│Comments(3)筆まぶし
この記事へのコメント
てっぽちゃん、めーっけ!

キャッキャウフフ
Posted by 大甫 at 2013年08月27日 22:47
電動だとセカンダリになかなかスイッチしないけど、ボルトには必要ですね(ノД`)

とかボルト持ってない俺が言ってみるwww

そうそう、俺の写真は、腕前じゃなくカメラの性能が良いんです。
フォーカスも露出もシャッタースピードも基本的にオートですし、絞りは殆ど解放ですからσ(^_^;

決めるのはピントの位置と構図位なもんですよ。
Posted by jack at 2013年08月28日 08:37
大甫はん
ほらっつかまえてごらんなさぁい
あはは あはははは


jackさま
ピントや露出を機械に任せても
構図は人の仕事です。
所謂『センス』ってヤツです。

セカンダリーとしてオペレーターもどきを引っこ抜いたのは
後にも先にも茂みでjackさまと目が合った瞬間でした(笑)
Posted by てっぽさん at 2013年08月28日 13:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。