2013年10月05日

MENTAL CEAR SORID 2

この物語はフィクションみたいですが
登場人物・地名は適当っぽいです



屋上からヘリによるファストロープ
スペシャルチームは突入を開始した。上空のヘリを視認しわたくしもミッションを開始した。


・・・・・4時間前・・・・・
『てっぽさん聞いてくれ』 大尉は巨大なマホガニーのデスクで腕組みをし、こちらを睨んでいた。
『今から23時間前…』長い。居眠りをしていたわたくしにはお構い無しに大尉は続ける。
『…以上だ。健闘を祈る』
えっ?終わり?何が何だかワカランが潜入だ。

『てっぽさん、今回の装備は現地調達…もとい、装備は無しだ。その'45も置いていってもらう』
わたくしは渋々レッグホルスターから'45を抜き
巨大で驚異的に磨き込まれたデスクに叩き付けんが如く、そっと置いた。
『そうだ。これを持っていけ』

'45と入れ替わりに大尉はカードを磨き込まれたスケートリンクのようなデスクを滑らせた。

『これでLv1のドアが開くんだな?』わたくしは質問した。
ところが大尉は若干カブセ気味に応えた。
『違う、保険証だ。』
『何?ホケンショウ? ひょっとしてアレか? 会員証とか通行証の類いなのか?』
わたくしは質問を続けようとした、が。
明らかに大尉はイラついた様子で
『…あぁそうだ!!そんなモンだ』

こうして、ミッションは開始された。

スペシャルチームが屋上に降りた頃、わたくしは裏手の駐車場に車を停めた。
本来なら下水道からボイラー室を経て目標に近付くのがセオリーだろうが
今回はいつにも増してスニーキングなのだ。…多分

わたくしはブリーフィングに出てきた"受付"を目指した。
女兵士が二人、歩哨についている。
『やるか…』わたくしは自然に接敵し、懐に手を忍ばせた。

『おはようございます。保険証とフルネームで御署名お願いします』

うむ、悪くない。

方や長身にモデル系 方や一本縛りのメガネっ娘
やるな!!

…長い。

要は再検査に行けと煩いので行ってみたワケだ。

結果は一週間後

ってコレ飲んでオッケーじゃねぇのか?




同じカテゴリー(ショート・ショート)の記事画像
脂肪遊戯
Love me softly
麒麟グ・フィールド
ビューティフルワールド
カウボーイが海賊を夢見る。そんな秋雨の夕べ
焼けるのは、なにも肉だけでは無い…
同じカテゴリー(ショート・ショート)の記事
 脂肪遊戯 (2015-04-28 21:55)
 Love me softly (2015-04-14 23:02)
 麒麟グ・フィールド (2015-02-09 22:50)
 ビューティフルワールド (2014-12-25 23:28)
 カウボーイが海賊を夢見る。そんな秋雨の夕べ (2014-11-01 19:32)
 焼けるのは、なにも肉だけでは無い… (2014-09-13 14:14)
この記事へのコメント
薬と一緒はらめぇぇぇぇッ!!www
Posted by サガワ at 2013年10月05日 22:34
おくちゅりと一緒に摂取はらめぇぇぇー!
Posted by 黒子んッ! at 2013年10月05日 23:24
一本縛りのメガネっ娘は俺の嫁ぇぇぇぇッ!
Posted by へのつっぱりへのつっぱり at 2013年10月06日 03:54
皆様こんぬつは
サガワっち 黒子んッ!さま
間違いがひとつ
わたくしがいくら酒に溺れているとは言え
グラスの中身は水です。
わたくしもまだ"あっち側"に逝きたく無い(笑)

へのつっぱりさま
では、わたくしは長身デルモを
いただくとしよう
Posted by てっぽさん at 2013年10月06日 11:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。