2013年10月28日

折れぬココロ

わたくしはいわゆるサラリーマンだ。
かつて冷やかしに自分で仕事をしていた時期があったせいか、はたまた元からそんな気質なのか
あまり人の言う事を聞かない。
協調性に欠けた"ネジモノ"の出来損ないだ。
そんなわたくしは世に言う『会社の犬』が嫌いだ。自分を持たず、信念を捨てた奴等
しかし、それは出来損ないから見た一方的な解釈で、青臭い子供染みた考えだ。

わかっている。そんな事は百も承知だ。
三つ子の魂なんとやらで、恐らく今後もこんな感じだろう。

会社に最古参の男がいる。
小さな会社にありがちな『船乗りの病』にしっかり掛かった手合いで、社長・専務は絶対。同僚たちの愚痴やミスは即報告
当然、仲間内では孤立している。仕事自体も微妙な出来だ。

その日はわたくしは、なかなか片付かない仕事を抱え、すっかり遅くなってしまった。
わたくしは一人で残っているものと思っていたが、"奴"がいた。
入社当初は会話もあったが、今ではお互い口を開く事は皆無だ。
わたくしは我関せずと仕事を続けていた。

完全に煮詰まった、参った。

そっとデスクに一冊のバインダーが置かれた。
慌て振り返ると"奴"がはにかんだ笑顔で言った。
『20年分の資料だよ。良かったら使うといい』

お陰で仕事は片付いた。わたくしはお礼を述べ、退社しようとした。
彼は背越しに呟いた。
『私は君のように生きられない、同僚からどう思われてるかも知ってる。こういう役回りは損だが、これが私の仕事だからね』
わたくしは自分のスタイルに拘るのが少しだけ恥ずかしかった。
彼のように内なる信念を他者に語らない生き方もある。
だからこそ、わたくしは自分を変えないことに拘りたいと思った。

なんとなく


結局、何が言いたいのかわからん(笑)




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 22:00│Comments(6)筆まぶし
この記事へのコメント
自分も前はかなり噛みつき癖がありましたが、家族ができた今哀しいかな
ペコペコバッタになりました。
ですが家族を守るためなら喜んで身を削りたいと思います。
今なら無愛想だった親父の気持ちが少し分かります。

ボケれなくてスイマセン
きっと疲れているんです・・・
Posted by へのつっぱりへのつっぱり at 2013年10月28日 22:37
現在進行形で、上司と折りがあわないので、悩み中です
まあ、みんなそんなもんだと思っていますが…
死にゃあしないwwww

とかとかとか。
おっと、への隊長に釣られてぐへへへへ
Posted by 大甫 at 2013年10月28日 22:57
考え方は人それぞれ、ですね。

家族の為なら会社の歯車にでも犬にでもなります。

それもまた「漢」であると考えます。

時にはちょっとつっぱってみたいなと思う事もありますけどね(笑)
Posted by take at 2013年10月28日 23:20
まだ、大学生にすらなれていない自分ですが、毎回このブログを見ると社会の勉強になります。てっぽさん…何時も心に響くブログありがとうございます!
Posted by 黒子んッ! at 2013年10月28日 23:53
あまり気負わずにケ・セラ・セラの自然体でいいんじゃないですか?

立場や環境が変わる事で、変わらざるを得ない事もあるし。
その時その時の自分に合わせていけば良いと考えてます。

まあ、考えてるだけで、なかなか実行できない偏屈オヤジですが(笑)

ひとつひとつの出来事を楽しみましょう(^ ^)
Posted by 仮免 at 2013年10月29日 12:23
皆様コメントありがとうございます

へのつっぱりさま
新婚早々そんな事いっちゃダメですよん
お父上はきっとサクマのドロップ買ったら全部ハッカだったとかです…きっと

大輔はん
上司と合わない理由
それは大輔はんが部下だからに外ならない。
大輔はんが上司になってみろ、嫌でも向こうがなついてくる。…たぶんそうだ

takeさま
波風なんて立たないに越したことはございません。
存在そのものが波風のわたくしが言うのだから間違えない。…と思う

黒子んッ!さま
『反面教師』と言う意味ではここは勉強になると思います。
わたくしは世間一般で言うとこの『負け組』ですし、地位も名誉もありません。
『こんなオッサンには絶対ならない』と一生懸命がんばれば、末は博士か大臣か…かもしれない

仮免さま
いつぞやの大騒ぎとは違うのでご安心を
しっかし楽しい仕事ってないもんですかねぇ…無い
Posted by てっぽさんてっぽさん at 2013年10月29日 21:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。