2013年11月11日

消耗期限

全ての物質は消耗しやがて使い物にならなくなる。
ニンゲンもまた然り。
人にあてにされ、必要とされる時間は自身が想像するよりずっと短い。
その期限を長らえるために、なにがしかの手を尽くしてそこに留まりたいと願う。
物言わぬモノと違い、ニンゲンは生きている間はその作業を費やすしか無い。
『私にはこれが出来る』は最大の武器であり、命綱でもある。
"全てを捨てて"は誰にでも出来る事では無い。むしろ"全てを捨てられる"事は最強の力ではないだろうか?
わたくしにはしがらみや欲求が多過ぎて、どこへも辿り着けない"漂う樽"だ
中身は無く、ただ波任せ
お似合いの生き方じゃないか

コイツらの"旬"も今年は終わり

来年も笑顔で向き合えるだろうか




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 22:33│Comments(1)筆まぶし
この記事へのコメント
あ、いや…
旬の終わり頃に買っちまったわけですが…やはりリアルショックにすれば…
Posted by T at 2013年11月13日 01:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。