2014年04月13日

どうか罰を下す前に祝福の前借りを…

昼間、ささやかな我が家の庭でビールを飲んだ。
何気無く、全うな休日とはこのことではないか。
半壊した"元工房"は瓦礫として処分され、かろうじて生き残ったモノたちは
"跡地"でブルーシートを掛けられ佇んでいる。

空は青く、そして高かった。

まるで魂が抜けたかのように気楽な気持ちだ。
願わくば、この穏やかな精神で余生を送りたい。健やかに過ごしていきたい…。

だが、恐らく無理だろう。

ヒトの業(ごう)とやらは罪と罰で建てられた楼閣だ。
あと残りがどれくらいあるかは知らないが
積み上げられた罪と罰で天にその手が届く時
遂に終わりを遂げるのなら
今日のこの安らかな時はさしずめ

先付けでもらった褒美

と言ったところか。

生きてりゃ色々あるだろう。気に病むこともあるだろう。
だから"バベルの塔"を築くんだ。

最期に壊してもらうために

わたくしの"塔"は結構高いんだろうなぁ

よしっ平常運転




同じカテゴリー(暇つぶし)の記事画像
掴み所のアル奴
虫干し
タフ・ガイ
MENTAL CARE SLIDE4 akumufutatabi
悪党
静かなる足音
同じカテゴリー(暇つぶし)の記事
 掴み所のアル奴 (2017-02-02 23:23)
 虫干し (2016-02-28 10:52)
 タフ・ガイ (2016-01-20 21:08)
 MENTAL CARE SLIDE4 akumufutatabi (2016-01-19 21:06)
 悪党 (2015-10-11 20:24)
 静かなる足音 (2015-09-03 20:48)
Posted by てっぽさん at 22:57│Comments(0)暇つぶし
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。