2014年08月26日

海岸まで何メートル

『では明日』

わたくしはそう言って電話を切った。
待てっ!!場所は青森県五所川原市どう少なく見積もっても700kmはある。
しかし、反古に出来ない退っ引きならない用事。時計は21時に差し掛かっていた…
『新幹線…』ダメだ!そんな銭は無い、日付が変わればETCも休日割引だ。
わたくしはヱヴァンゲリヲンをぼんやり眺めていた…。
夕方から我が家を襲ってきたゲリラ豪雨も嘘のようだ。わたくしは軽高起動輸送車(軽バン)のキイを捻った。

ウウゥゥ…ンンン…
単調な微振動とノイズ、そして街灯とヘッドライトがおよそ現実とは思えない景色を創り出し
わたくしは東北道に溶けていった。
余談だが、わたくしは運転が嫌いだ。しかも夜目が利かない、しかも雨。
まるで数え役満みたいなバッドステータスの中、時折 感じる秋の気配にまだ見ぬ五所川原への思いを馳せた。
途中、サービスエリアに立ち寄ろうと試みたが、深夜にも関わらず人々でごった返す様に
驚いたの半分、呆れたの半分だ。最もその中にわたくしも当然含まれるのだが。
やがて、辺りは白み始め仙台を過ぎたあたりですっかり朝になっていた。
それから暫しの時間を要し、長年いつかは訪れなければならなかった五所川原市に辿り着いた。

『…』

昨晩の電話の主の第一声?である。

『いや、えっと…着いたら駅に迎えに…んんん…』
わたくしなりにベストな選択のはずだが
相手は困惑していた。
ちなみにわたくしは困憊していた。

この数年間、どうしてもしなければならない事は、とてつもない疲労を伴い、しかし、呆気なく終わった。
もう少し感動とか何かあるかと思っていたが、凡そ世の中にある事総じてこんな感じだろうか?

更に余談だが、わたくしはお土産を買わない。お返しなどの気を遣わせない為…
なワケねぇだろ!
銭が無いからだ…結局、自分用に"さけとば"を買い、その日の内に帰路についた。
あとは昨日の記事に繋がるワケだが、狭い日本と言うが、日本の大きさを感じる1日だった。

生還記念(笑)

"さけとば"は帰りながらツマミ食いしてしまった




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 22:25│Comments(5)筆まぶし
この記事へのコメント
オレも10年くらい前に青森に行ったよ。
オレの場合は、朝7時に思い付いて千葉出発が8時半で、行き先は十和田湖だったけどね。
着いたのは夕方だった。
そのときの実感は『日本は広い!』だった。
Posted by クマの人 at 2014年08月26日 22:38
Vマの人さま
もう懲り懲りでございます。
余計な散財をしていなければ、新幹線でビール呑みながら
帰りも酒呑みながら行けたのに(泣)

日本てデカいんですね(遠い目)
Posted by てっぽさん at 2014年08月26日 22:42
青森...林檎...美味しい...
旅行したことないなー
行きてー
Posted by 黒子んッ! at 2014年08月26日 22:43
青森のツマミと言えばニシンの燻製にスルメイカ・・・
Posted by ぴづぴづ at 2014年08月26日 23:33
黒子んッ!さま
今回は旅行では無いので、次回は落ち着いて観光したいです。


ぴづさま
さけとばはわたくしの好物でして
しかし今回は車内ワンマンライブの遣り甲斐ありました(笑)
Posted by てっぽさん at 2014年08月27日 08:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。