2014年09月01日

石頭

剣呑としている。
それは世界情勢であったり、わたくしの懐具合であったり。

このところ思うとこあって隠頓していたワケだが、さらに思うとこあって筆をとった。

我々が今、夢中になって遊んでいるサバゲーだが
(これを読んでいる方々のおおよそと前提にして)
ある種のエキストリームな遊びであるが故に怪我は無視できないのだが
状況であったり、環境であったりと、座視できない場合も往々にしてあると言える。
サバゲーに関しては"自己責任"と言うワードが付きまとうが如何だろうか?
万全のプロテクト、配慮と熟慮を重ねた環境。残念ではあるが、そんなモノは存在しない。
歯が折れた、頭をかち割った、爪が吹き飛んだ…
想像しただけで鳥肌が立つ…
自爆では無い場合、運悪く加害者になってしまったら、被害者の方が『大丈夫…気にしないで下さい』
と痛みを押し殺し、引き吊った笑顔でサムズアップしてくれたとしても
真っ当な精神のゲーマー諸兄ならば、恐らく申し訳ない気持ちと相手への心配で
ゲームどころでは無くなってしまうのではないだろうか?
頭は何故硬いのか?爪は何故硬いのか?
その中に柔らかく、重要なモノがあるからだ。
頭は石では無い、爪や歯は鉄では無い。
まして目玉は水風船みたいなモノだ。

世の中に完璧は無い。しかし不幸な事故を遠ざける手段はいくらでもある。
環境に頼るのは安心感と気楽さがある。
しかし、我々が思うほど環境は安全に対して頓着してなどいない。
だからこそ、せめて自分の事は守っておくからこそ、成り立つ遊び。

そう、"サバイバル"なゲームなのだから(笑)


Stone Head ではない Go a Head !! なのだ


どうでもいいが、ずいぶんとゲームしてない気がする…




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 22:46│Comments(4)筆まぶし
この記事へのコメント
「安全」があってこその「遊び」ですからね・・・
怪我してしまうと自分はもちろんですが、やっぱり日本人の性質上どうしても他の人達も嫌な思いしてしまいますしね。
顔面保護
これだけは最低限徹底しないとですよ。
Posted by take@ at 2014年09月01日 22:58
takeちゃんマソ
外に出る時はパンツをはく
これと同じくらい常識と思うんだが…

てか、まともなコメントすぎて何故か笑ってしまったwww
Posted by てっぽさん at 2014年09月02日 07:53
インドアで次世代は痛い・・・
おでこに小っちゃいタンコブが出来たデスヨ・・・ orz
Posted by ぴづ at 2014年09月02日 21:39
ぴづさま
インドアのゼロ距離でショットガンを撃ち合うと
綺麗に3つアザが出来ます。

ちなみに痛さも3倍…かも知れない(笑)
Posted by てっぽさん at 2014年09月02日 22:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。