2014年10月28日

トゥーハンズ

このフレーズを聞くと、黒いタンクトップの姉ちゃんが長いM92Fを2挺持ちでバッタバッタと
誰彼構わず撃ち倒すイメージを持つ貴兄も大勢いると思う。
そんな話しとは全く関係ない、缶コーヒーの似合う平和ボケした話しだ。

わたくしは35歳を過ぎたある日、ふと思い立った。
わたくしの中では人生の折り返しの齢(よわい)
つまり、いままで利き手としてきた右手に別れを告げ、左手を利き手として残りの人生を全うしていく。

わたくしはある種の偏屈な男。ヒトがどうこう言おうが聞きもしないが自分のルールは決して曲げない。
紆余曲折あって今年で8年目に突入したが、先程、ある異変に気付く。

『右手で箸が上手く使えない』(笑)

35歳をリセットと考えると今年で8歳。そりゃ右手も退化するだろう・・・
では、今現在のライフワークではどうか?
いわゆる"兵士の生命"とも言える「目」に問題がある。
わたくしは産まれつき左目の正面が見えない。
以前にも書き記したが、産まれつきなので不自由は感じない。

が、

スイッチした状態での射撃は左構えでも右目で狙わなくてはならない
こればかりはどうにもならず、自由・不自由では無く、構造的欠陥(親が泣く)なワケだ。
まぁ言い出したら後天的欠陥を含め、かなり難アリな物件(笑)だが
それを推しても余りある魅力がサバゲーにはある。

んで、何が言いたいのか?
よくわからない状態にはなったが、コンディションは千差万別だ、それを他者に言われ
ヘコむ必要も退く必要も無い。

『自由は自由を得ようとする者に平等に与えられる』

つまり、つまらん横槍にへこたれてる暇があったら我を張れ、張り通してやれ。

それが自分流ってヤツだ。

わたくしもいつかはタンクトップにホットパンツで・・・

見てみたくなっただろぉ〜(笑)




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 21:12│Comments(4)筆まぶし
この記事へのコメント
白のタンクトップに白のホットパンツ、髪の毛を短くして口ひげを濃くして
「うぃ~あ~ざちゃんp(ry」
と歌いだすんですね分かります。
Posted by ぴづぴづ at 2014年10月28日 21:59
ぴづさま
サスペンダー忘れてますよ(笑)

うぃ〜うぉ〜 うぃ〜うぉ らっきゅう!!
Posted by てっぽさん at 2014年10月28日 23:25
風邪から回復したので報告がてらのコメントを(笑)

昔、リアルな知人に聾唖の方がいたんですが、彼はそれをハンデと捉えていませんでした。健常な自分が言うと偽善ぽくなるんですが、自分もそれを個性と思いました。

世の中なんて公平な事なんてありませんからね。
遊びも仕事も逆境や不利な状況を楽しめるようになりたいもんです。
Posted by 仮免仮免 at 2014年10月31日 16:26
仮免さま
お互い風邪がなかなか抜けない歳になりましたね(笑)
ハンディキャップはハンデを感じた瞬間から重荷になると聞きます。
ハンデを楽しむくらいでないと、これからの寄る年波に勝てませんね。
Posted by てっぽさん at 2014年11月01日 10:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。