2012年11月29日

間違いがわかったぞ。失敗だった。

七三分けにしたメガネの中年は黒衣を羽織り高台からわたくしを見下ろしていた。
そのメガネにそっと近づく男も黒衣姿でメガネだった。
高台の真ん中に陣取る七三はそっと表れたメガネから封筒を受け取りこちらに向き直った。
傍聴席の連中は固唾を呑み七三がこれから発するであろう言葉を聞き漏らすまいと神経を集中させているのがわかる。

『主文。被告てっぽさんを嫌疑不十分として裁判の終了を宣言する。』一瞬の静寂のあと場内がドヨめく。ある者はとなりの者と話し
またある者は外へ慌てて駆けて行く。

要は開放されたワケだ。着地点の見つからない復活に何の意義がある?こう言いたいワケだな。「ワルくない」わたくし的にはそんな感想だ。

突如、暗転。

気が付いたら会社の自分のデスクだった。ある営業所で【社外秘】が発生し慌てて火消しに走ったがあえなく失敗。そして誰が被るのかモメて
【社外秘】担当が名指しで指名してきたのがニュー我が上司。当の本人は何故指名されたのか理解していないが
【持出禁止】グループの生き残りを抱えることの重要性を理解していないノー天気さが災いし、いつの間にか【持出禁止】一派として
扱われ、ある意味・・・いやまさに「エクスペンダブルズ」として【閲覧不可】の迅速な処理と復旧を押し付けられたのが先週の水曜。
そして驚愕の【閲覧不可】を目の当たりにするワケだが、今まで仕事してきてこんな【要破棄】なんて見たこと無いってくらい凄いワケで
こんな【要破棄】なんて、一体何ヶ月頑張ったら終わるのか?なんて夢中かえってこなしてたら昨日終わった。

ナイス説明。・・・ワカンネーよ!!

いいのいいの。だって昨日も仕舞いに書いておいたでしょ?
※この物語は背骨の部分を除いてフィクション以外の何物でもありません。登場人物などは限りなく現実に沿うカタチにしましたが
 関わりの無い方にはサッパリ解らないと思います。詳細の質問、今後の展開等、本人も解らないのでお答えできません。
                                                                         ほらね。

人生には僅か数センチの着地点を目指し大勢のスカイダイバーが降下するような状況がある。
安全を優先しパラシュートの華を眺めていては着地点には辿り着けない。
しかし、真っ先に着地点を目指しパラシュートを開かないことは愚か者のすることだ。
悩め、お前はもう若くは無いんだ。

こうしてわたくしの2012年は暮れていくのであった。いや・・・まだ、一ヶ月ある。

ひと夏の思い出と共に・・・

冬仕様作ろうかと思ってんだが、まだまだ緑が多い。今年の夏が異常だったってこと?

Je sens le lait de l'au du café habituel et croissant.
C'est un moment pour penser même si je reviens à ma maison.


皆様との幸せな時間がいつまでも続きますように

ではでは




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 22:21│Comments(2)筆まぶし
この記事へのコメント
こんばんはー☆

まぁ、要するに『会社で居眠りこいてました(テヘペロ』ってことでぉkですね?






www
Posted by サガワ at 2012年11月29日 22:28
サガワさま コメントありがとうございます

「寝ていればヤラれなかったのにぃ」であります・・・?

会社なんつうモンは、そこに在りさえすればいいんです。
長い一週間でしたが、地球の外から地表を見るのと同じくらいの経験ができました
(特に意味は無い)

「出張は計画的に」
おっわたくしCMコピーで暮らしていくことにしますw
(またしても意味は無い)
Posted by てっぽさんてっぽさん at 2012年11月29日 23:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。