2014年03月27日

天性甚吾

花火は瞬間に彩られるからこそ素晴らしい。

桜はその短い時に狂おしいほどに咲き乱れるからこそ美しい。

全てが平坦で何の障壁も無く滑らかだったらどうだろうか…


自分のチカラを100%出したとしても
せいぜい20%も伝わるまい。

だから、と言って腐るのは簡単だ。
だから、もっと伝えたい。もっと伝わりたいと貪欲にいけ。

そう、努力では無い。貪欲だ。


草葉の陰から




同じカテゴリー(筆まぶし)の記事画像
無敵の輩(やから)
蜃気楼の街
荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・
偲ぶ思いと踏み出す思い
ユウダチとトモダチ
Us鞄の囚人
同じカテゴリー(筆まぶし)の記事
 無敵の輩(やから) (2015-10-12 22:33)
 蜃気楼の街 (2015-08-06 22:40)
 荒野に鍬を打つ、どこまでも蒼く遠い空・・・ (2015-07-15 21:58)
 偲ぶ思いと踏み出す思い (2015-07-06 10:55)
 ユウダチとトモダチ (2015-06-23 21:57)
 Us鞄の囚人 (2015-06-05 22:45)
Posted by てっぽさん at 01:18│Comments(0)筆まぶし
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。