2012年10月16日

この一撃が歴史を変える・・・

あれから2日経った。戦場に散っていった幾人もの若者達(おっさんも含む)そして復活しさらに散っていったロシア兵たち(その他も含む)
・・・実に感慨深い。
すでに二日も経つと身体に刻み付けた記憶(筋肉痛という)もすっかり癒えてしまい、穏やかな日常に溶けていくわたくしの闘争本能。
あの恐ろしいほどの酷暑もまるで無かったことのように爽やかな秋晴れの下、こてっぽさん(仮)と鱗雲を眺めながらぼんやりとしていた。
『ねぇ、パトラッシュ・・・ぼく疲れたんだ』すぐ横に佇んでいたヤツにシャレをかましたら、すでに小屋の中で寝ていた。
チッ!ノリの悪いヤツ。

こてっぽさん(仮)が去った反対側の足元にはコーキングが3本と養生テープ5巻、そして軍手とヘラがある。
ヤツの小屋の壁の一部は昔、バイクをイジっていた頃の8畳ほどの大きさの小屋の壁と共用だ。つまり長屋なのだ。
レースも辞めバイク稼業からすっかり足を洗ってしまったため、ここには週に1度くらいしか入らない。
何故って?そりゃセンチメンタ(ドンッ!!) ・・・シャッコン!!カラカラカラ・・・(シェルの転がる音)
っ・・・さすがダブルオーバック頭が粉々だ。

んで、その小屋が雨漏りしているらしいのだ。何台か残っている(不動車・部品で一台分とか・スクラップ)ヤツラにカバーを掛けてあるが、埃の溜まったカバーが素敵なフレクター柄っぽい模様になっていたのだ。
鉄くずとはいえ・・・違う!!鉄くずなんかじゃ無い!!(パパンッ!!)チリン・・カラカラ・・・
(.45ACPって書いてある薬莢が転がってるよぉ)

え~と、要はまだ宝物だからこれ以上濡れるの防ぎたいんだよ!!もう撃つなよ!!撃つな(ターンッ)シャリーン!チリーン!!
コロコロ・・・(今度は.338 Lapua Magnumかぁ・・・)

穴だらけになった身体で穴だらけであろう屋根に登る。廃材で作った、いろいろな思い出の詰まった屋根はもちろんトタンだ。
一応、補修の類いは年一くらいでやってはいたが、すでに根本的にどうにかしないとイケないところまで劣化している。
いやいや、ね、もちっとイケるだろ?今回はチャチャッとコーキングで誤魔化してOKにしておこうよ。そんな顔して銃口こっちにむけてないでさ。
とりあえず何者かと交渉は成立したので、今回はコーキングで穴を塞ぎ、来月にでもトタンを買ってきて屋根を直しましょって事で早速コーキングガンのトリガーを絞る。うんうん、いい感じだ。もしかしたら来年までイケるんじゃね?なんてな。乾いたらペンキくれりゃもっちまうぜ・・・なんて、仕上がった箇所を点検していたその時・・・

右の足元からベキッ!!『うぉっ?!』

右足が屋根を突き破りダイナミックエントリー・・・屋根はキレイなブルーシートの屋根になりましたとさ。 めでたしめでたし

めでたくねーよ。

どうせなら自分の意思で止めを刺したかった・・・どうせならって意味だよ


Je comprends qu'il y a là le.


皆様との幸せな時間がいつまでも続きますように

ではでは




同じカテゴリー(ショート・ショート)の記事画像
脂肪遊戯
Love me softly
麒麟グ・フィールド
ビューティフルワールド
カウボーイが海賊を夢見る。そんな秋雨の夕べ
焼けるのは、なにも肉だけでは無い…
同じカテゴリー(ショート・ショート)の記事
 脂肪遊戯 (2015-04-28 21:55)
 Love me softly (2015-04-14 23:02)
 麒麟グ・フィールド (2015-02-09 22:50)
 ビューティフルワールド (2014-12-25 23:28)
 カウボーイが海賊を夢見る。そんな秋雨の夕べ (2014-11-01 19:32)
 焼けるのは、なにも肉だけでは無い… (2014-09-13 14:14)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。